日焼け対策はしっかりと

日焼け対策

 

日焼け対策をしましょう

日頃どんな日焼け対策をされていますか。
最近は、道を歩いていますと日傘を差しているかたがよく目につくようになりましたね。
一昔前ですと、日傘を差しているかたはかなり珍しい存在でしたが、現在では普通のこととなりました。

また、日常的に日焼け止めクリームを塗っているというかたも、多くなりました。
それも以前は、海水浴に出かける時だけとか、山に遊びに行くときだけとか、休日にアウトドアを楽しむときだけ日焼け止めクリームを塗っていたかたが多かったのです。

ですが、今は紫外線の害が広く知れ渡ってきましたので、毎朝の洗顔後にすぐに日焼け止めクリームを塗るというかたが増えました。
とくに女性は日焼けを嫌うので、紫外線を浴びないように気をつけているかたが多いです。
強い紫外線を長時間浴びていることで皮膚がんになる確率もグンとあがりますから、男性も気をつけることをおすすめします。

ですが、男性は真っ白なお肌よりも、少し日に焼けたお肌のほうが素敵に見えますからね。
女性の場合も、日焼けした小麦色のお肌が人気の時代もあります。
流行は繰り返すものですから、この先もまた日焼けしたお肌のほうが良いという風潮になることもあるでしょうが、皮膚がんの危険性もあるということを、頭に入れておいていただきたいと思います。

さて、日傘や日焼け止めクリームで日焼け対策を行うほかに、最近は「飲む日焼け止め」とも言われるサプリメントが人気急上昇です。これからこの「飲む日焼け止め」に関する情報を皆さまがたにシェアしようと思っています。
ケアは外側ばかりではなく、内側からしてゆくことも大事ですからね。
それに、飲む日焼け止めでしたら、男性のかたも気軽に日焼け対策することができるのでおすすめですよ。

 

日焼けしてしまう仕組みとは

女性の方は、女性雑誌やインターネットの美容記事などから、日焼けを防ぐためのさまざまな情報を受け取っていることと思います。
そのような情報源でおすすめしている日焼け対策により、夏の街には日傘の女性が増えたり、真夏でも長袖や日焼けを防ぐための長い手袋、もしくはアームカバーをつけたりしているかたが数多く目につきます。

そもそも、日焼けはどのようにしてできるのか、その仕組みをご存じですか。
女性雑誌にも、インターネット上の美容記事にも日焼け対策とともに載っていることと思います。
ですが、そのような少々難しい解説部分は、ざっと目を通すだけで、あまり頭に残りませんよね。
そのため、今一度、簡単に説明してみたいと思います。

日焼けの原因は、太陽光線の中の紫外線です。
実は、蛍光灯からも紫外線は出ているのですが、こちらは無視しても大丈夫なくらいの微々たる量です。
わかりやすく申せば、太陽の光によって、とても軽い火傷をしている状態を日焼けと言います。
皮膚の奥には「メラノサイト」という細胞が存在しているのは聞いたことがあるでしょう。
そして、3種類ある紫外線のうち、日焼けに関係するのはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類になります。
メラノサイトは、紫外線を浴びることによって「メラニン色素」を作りだしますが、初期の段階のメラニン色素は黒いわけではなく、薄くて皮膚の保護作用も少ないのです。
UVAによって、褐色に変化してきます。
日焼けしてから半日~24時間後くらいのことです。
しかしこれは、有害な紫外線から皮膚をガードするために身体が自然に行っていることで、決して悪い作用ではありません。

ただ、白い肌のままでいたいのであれば、紫外線を避けるなど工夫は必要です。
そのひとつが、最近、流行に敏感なかたがたの間で人気の「飲む日焼け止め」なのです。
日焼けを防ぐ方法はいくつもありますが、飲む日焼け止めは煩わしいことがなく、どなたでも簡単にできますのでおすすめですよ。